二人目不妊

「赤ちゃんが欲しいナビ」は、なかなか妊娠できずに悩んでいる方のためのお役立ち情報サイトです。

サイトマップ

二人目不妊
トップ > 二人目不妊

最近、二人目不妊の方が増えているようです。「もしかして自分は二人目不妊かも?」と、少しでも心当たりのある方は、その原因と考えられているものが自分にも当てはまっているかどうかをチェックしてみましょう。

二人目不妊って何?

その言葉のままなのですが、一人目は問題なく妊娠・出産できたのに、二人目がなかなか妊娠できないことを二人目不妊と言います。

ただ、一人目を無事に妊娠・出産できたと言うことは、夫婦の生殖機能に異常がないことがほぼ実証されたと考えられますので、その点は問題ありません。

一人目を無事に授かった夫婦にとっては、まさか自分たちが二人目不妊になる、つまり不妊治療を受けることなど想像もしていなかったことだと思います。そして、「一人目が妊娠できたんだから、二人目も必ずできるはず」という気持ちになってしまうため、そういった夫婦が実際に不妊検査をするのは、一人目を出産してから数年経過している場合が非常に多いとのことです。

いつからを二人目不妊と呼ぶの?

いつからを二人目不妊と呼ぶかについてですが、前回の出産後に母乳をあげている期間があると思いますが、それが終了してからの時間を不妊期間としてカウントします。例えば、3年前に出産して1年間の母乳期間があったとすると、不妊期間は2年間となります。

一般的な不妊の定義では、避妊をせずに2年間妊娠しなかったら不妊とされますので、上記の例は二人目不妊と考えられます。

二人目不妊の原因として考えられること

二人目不妊になってしまう具体的な原因として、主に以下の3つのケースが想定されます。

  • 卵子の状態
  • 精子の状態
  • 仲良しの変化

それぞれの原因について、どのような影響があるのか、どの程度二人目不妊と密接に関係しているのか詳しく見てみましょう。

二人目不妊かな?と思ったら早目に病院へ

一人目を無事に妊娠できたからと言って、二人目が何事もなく妊娠できるとは限らないことがお分かりいただけたのではないでしょうか。

不妊治療は歳をとればとるほど効果が薄くなると言われています。「もしかしたら二人目不妊かも?」と思ったら、少しでも早く専門医に相談することをおすすめします。