タバコの危険性

「赤ちゃんが欲しいナビ」は、なかなか妊娠できずに悩んでいる方のためのお役立ち情報サイトです。

サイトマップ

タバコの危険性
トップ > タバコをやめよう > タバコの危険性

タバコを吸い続けることによるリスクには一体どのようなものがあるのでしょうか。一般的に知られているものからそうでないものまで、どれもリスクに変わりはありませんから、しっかり認識しておくことが大切です。

タバコの危険性は肺ガンだけではない

タバコが与える危険性として一番有名なのはおそらく「肺ガン」ではないでしょうか。しかし実際は様々な影響を及ぼします。

例えばガンだけに絞ってみても、「食道ガン」「胃ガン」「子宮頚ガン」といった種類があるくらいです。女性であれば非常に気になることですが、肌の老化にも影響がでることが分かっています。

タバコを吸うと体温が下がる

タバコが及ぼす影響として忘れてはならないのは、「体温を下げる」ということです。これは妊娠を目指す人にとっては大問題です。

タバコに含まれるニコチンが体内に摂り込まれると、血圧が上がり心臓に負担を与え血管を収縮させてしまいます。全身の血管が収縮すると血管の末端まで血が届かなくなりますので、その結果体温が下がってしまうのです。

体が冷えると血行が悪くなってしまい妊娠するには不向きな体となってしまいますので、こういった点からもタバコはぜひ控えたいところです。

タバコでイライラ解消!?

タバコを吸う理由として「イライラした時に吸うと落ち着く」というのがあると思います。実はこれ、「タバコを吸うからイライラする」の間違いなんです。

タバコが血管を収縮することはすでに説明したとおりですが、「血管を収縮→交感神経を刺激→緊張状態→イライラ」とつながりますので、実はタバコを吸うことによって余計にイライラしていることになります。

意外だったかもしれませんが、イライラしがちな人ほど禁煙をしてみてはいかがでしょうか。

一番怖いのはタバコの「副流煙」

タバコの与える影響の範囲は、何もタバコを吸っている人だけではありません。タバコには「主流煙」と「副流煙」があるのをご存知でしょうか。

<主流煙>

タバコを吸う人が吸い込む煙のことです。

<副流煙>

副流煙火がついたタバコの先から出ている煙のことで、主流煙よりも毒性が強いので、自分が喫煙者じゃなくても注意が必要になります。

副流煙の方が毒性が強いということは、あなたの愛する家族にも影響を与える可能性が高いということです。

このことをしっかり認識すれば、夫婦でどのような行動をとればいいかは一目瞭然ではないでしょうか。