タバコが精子に与える影響

「赤ちゃんが欲しいナビ」は、なかなか妊娠できずに悩んでいる方のためのお役立ち情報サイトです。

サイトマップ

タバコが精子に与える影響
トップ > タバコをやめよう > タバコが精子に与える影響

男性(夫)がタバコを吸う場合、精子が形態異常を起こしている可能性があります。タバコの有害物質が体内に入ると、他の器官と同様に精巣も悪影響を受けますので十分に注意が必要です。

タバコの有害物質が引き起こす精子の形態異常とは?

「タバコに含まれる有害物質」のページで説明したとおりですが、血液中のヘモグロビンが酸素を体内の器官へと運ぶ役割を果たしてくれますが、タバコを吸うと血液中に(有害物質の)一酸化炭素が入り、酸素の代わりにヘモグロビンと結合してしまいます。(しかも一酸化炭素は酸素とくらべて、結合率が非常に高くなっています。)

酸欠状態になった各器官はそれぞれの役割を果たせなくなるわけですが、それは精巣にも同じように言えることなのです。

精巣の機能が低下すると頭の小さい精子(小頭精子)が作られる可能性が高まり、運動率や受精能力が著しく低下してしまう心配があります。

タバコの害は子供に引き継がれる

タバコの悪影響は、女性が妊娠するまでではありません。

受精前の男性の喫煙は、精子の遺伝子や染色体の異常、胎児の器官形成にまで異常を起こし、胎児の成長に悪影響を起こしてさまざまな先天異常を発生させることが様々な研究で分かっています。

必ずしも「喫煙者の精子=先天異常を引き起こす」というわけではありませんが、そのようになる可能性があるということと、何よりも受精能力の低下が認められている以上は、やはり禁煙をするに越したことはないと言えるでしょう。

男性の禁煙は最低でも3ヶ月前から!

「夫は長い間タバコを吸っているから、もう間に合わないかも・・・。」

そう心配になる気持ち、よく分かります。では妊娠を希望するどれくらい前から禁煙すれば効果があるのでしょうか。

男性が射精した精子っていつ作られたものかご存知でしょうか?精子は毎日作られているのですが、射精される精子は3ヶ月も前から作り始められたものなんです。

つまり、少なくとも妊娠を望む3ヵ月前からは禁煙をしておくべき、ということになります。喫煙期間は短ければ短い程いいですから、将来のことを考えて1日でも早く禁煙できるように夫婦で取り組んでみましょう。