タバコに含まれる有害物質

「赤ちゃんが欲しいナビ」は、なかなか妊娠できずに悩んでいる方のためのお役立ち情報サイトです。

サイトマップ

タバコに含まれる有害物質
トップ > タバコをやめよう > タバコに含まれる有害物質

タバコが体に有害であることはよく言われていますが、一体どのような有害物質が含まれているのでしょうか。それらをしっかり理解することで妊娠に対する意識を高めていきましょう。

タバコに含まれる有害物質「ニコチン」

タバコに含まれる有害物質のうち、代表的な成分として有名なものが3つあります。

喫煙している(喫煙したことがある)方なら誰でも聞いたことがあると思いますが、まず一つ目は「ニコチン」です。

ニコチンの経口致死量は体重1kgあたり1mgといわれ、体が小さい赤ちゃんが誤って吸い込んでしまうと命を落とすことにもなりかねません。

また体へ与える影響として、「動悸」「血圧の上昇」「血流の悪化」「ニコチン依存症」といったものが挙げられます。タバコがなかなか止められないという方は、ニコチンの精神及び身体依存の影響を受けているためです。

タバコに含まれる有害物質「タール」

ニコチン同様に有名なのがこのタールです。

タールというのはいくつかの有害物質が含まれており、その中には発ガン物質、発ガン促進物質、その他の有害物質が含まれます。

タールは血液中にはほとんど吸収されないのですが、細胞に付着するためガンを引き起こす原因となるのです。

最近は低タールタバコというものが登場していますが、低タールであるがゆえに深く吸い込んでしまい、結果として一酸化炭素摂取量が増えるため必ずしも害が低減できるとは限らないので注意が必要です。

タバコに含まれる有害物質「一酸化炭素」

ニコチンやタール程意識されていないのがこの一酸化炭素です。

タバコそのものにではなく、タバコからでる煙に一酸化炭素が含まれています。これが体内に入ると、血液中のヘモグロビンと強力に結びついて血液の酸素運搬機能を妨げます。結果、酸欠状態となり貧血を引き起こす危険性があるのです。