体を温める食べ物

「赤ちゃんが欲しいナビ」は、なかなか妊娠できずに悩んでいる方のためのお役立ち情報サイトです。

サイトマップ

体を温める食べ物
トップ > 妊娠しやすい食べ物 > 体を温める食べ物

特に夏には冷たい食べ物を多く摂りがちになります。体が冷えると血行が悪くなってしまいます。妊娠しやすい体づくりのためにはできるだけ体が温まるものを食べるように心がけましょう。

体を温める食べ物とは?

体を冷やさないように、体を温める食事をすることは、妊娠しやすい体づくりのためには大切なことです。

体を温める食べ物といっても、もちろん単に温度が熱い食べ物っていう意味ではありません。食べ物を食べるとアドレナリンが分泌されて体温が上昇し、食べ物が消化されるときに発生する熱でも体温が上がります。

食材の性質によって「体が温まる」「体が冷える」ものがありますから、その代表的な例を知っておくことで、妊娠しやすい体づくりに向けた日々の料理の参考にしてみて下さい。

体を冷やす食べ物

それではまず、体を冷やす食べ物の代表的なものを見てみましょう。

水っぽいもの

例)水、牛乳、ビール、コーラ、ジュース、酢、生野菜サラダ

暑い地方(南)で採れるもの

例)なす、トマト、きゅうり、レタス、スイカ、バナナ、みかん、レモン、コーヒー

柔らかいもの

例)パン、バター、マヨネーズ、クリーム

これらはそのまま食べると体を冷やす食材ということになりますが、加熱したり塩を加えたりと調理することによって冷やす効果を薄れさせることができますから、料理に上手に組み込んでいければそこまで厳密に意識することはありません。

例えば体を冷やす野菜は食べないほうがいいというわけでは決してありません。体を冷やす野菜を食べたいときは、煮物にしたり炒め物やスープにしたり、火を通して温野菜にして食べれば問題ありません。

体を温める食べ物

体を冷やす食べ物があれば、温める食べ物もあります。

根菜類

例)ごぼう、にんじん、レンコン、ねぎ、山菜、生姜

寒い地方(北)で採れるもの

例)りんご、さくらんぼ、ぶどう、プルーン、桃

塩気のあるもの

例)味噌、しょうゆ、明太子、ちりめんじゃこ、漬物、佃煮

動物性のもの

例)卵、チーズ、レバー、赤身の肉、魚

色の濃いもの

例)赤ワイン、紅茶、ニラ、和菓子、黒砂糖

このように、体を温めるものは、「塩・根菜類・寒冷地に育つもの・かたく水分の少ないもの」という傾向があります。

体を温める食材も、さらに調理して物理的に温かくして食べることが体を温めるには最も効果的と言えます。根菜たっぷりの温かい具だくさんスープなんかは非常に効果的な料理例と言えるでしょう。