妊娠しやすい食べ物

「赤ちゃんが欲しいナビ」は、なかなか妊娠できずに悩んでいる方のためのお役立ち情報サイトです。

サイトマップ

妊娠しやすい食べ物
トップ > 妊娠しやすい食べ物

毎日の食べ物は妊娠しやすい体づくりの基本となる部分です。妊娠に関係なく、自分の体の健康には気を使いたいですよね。では、どういった食べ物(栄養)を摂ると健康でいられるのか、あらためて考えてみましょう。

サプリメントに頼り過ぎないように注意しましょう

近年の食生活の変化により、コンビニのお弁当や惣菜、インスタント食品といった手軽に食べられるものが多くなりました。

一方、栄養が偏りがちになった影響もあってか、栄養食品やサプリメントが多数登場してきています。自分の食べ物では栄養が偏っていることを認識して、そういったサプリメントにお世話になっている人も多いのではないでしょうか。

ただここで注意しておきたいのは、サプリメントはあくまでも「健康をサポート」するためのものですので、やみくもに摂取すればいいというものではないということです。

まずは自分の体の状態をしっかりと把握し、毎日の食べ物を見直すことで妊娠しやすい体づくりを目指していきましょう。その上で必要に応じてサプリメントで不足する栄養分を補うというスタンスがいいと思います。

どうしても食事だけで必要な栄養を摂取できないという方は、青汁を飲むのもおすすめです。青汁はサプリメントではないので、栄養補給にはピッタリです。最近は飲みやすい青汁も多いので、普段から栄養不足を感じている方は青汁を取り入れてみるのも良いかもしれません。

「これを食べたら絶対に妊娠する!」という食べ物はない?

まず普段の食事で一番大切なことは「バランス」です。ある特定のものばかりを食べて妊娠するとしても、それでは栄養が偏り体に負担がかかってしまうでしょう。

私もよく「何を食べたら妊娠しやすいんだろう?」と思っていました。ただ実際のところ、期待しているような「これを食べたら妊娠できる!」というようなものはなく、結局は不足している栄養を補えるようなものを食べることが大切だという結論になりました。

それもそのはず、人によって不妊の原因は違いますし、体の状態も違うわけですから当然と言えば当然です。しかし、だからといって対処法がないわけではありません。

それでは次に、食べ物で気をつけておきたいポイントを見てみましょう。

食べ物で気をつけておきたい3つのポイント

健康なら体づくりはもちろん、妊娠を目的とした場合の食べ物の具体的なポイントを3つ紹介します。どれも大切なことばかりですから、日々の食べ物の参考にしてみて下さい。