活性酸素を除去しよう

「赤ちゃんが欲しいナビ」は、なかなか妊娠できずに悩んでいる方のためのお役立ち情報サイトです。

サイトマップ

活性酸素を除去しよう
トップ > 妊娠しやすい食べ物 > 活性酸素を除去しよう

「活性酸素」という言葉をご存知でしょうか。これは人間なら誰しも体内にあるものなのですが、活性酸素が増えすぎると体の老化に影響を与えると言われています。もちろん不妊にも関わってくる話ですので、十分に注意しておきたいポイントです。

活性酸素が与える影響

活性酸素は、通常呼吸して取り入れた酸素の約2%が体内で変わってできるとされていますが、これが過剰に増えすぎると体に悪影響を及ぼすと指摘されています。

妊娠に向けた弊害としては、精子は卵子の質を下げてしまう点が挙げられます。逆に言えば、活性酸素をうまく除去できれば、精子と卵子の質を上げて妊娠しやすい体になれるということです。

そのためには、抗酸化食品(抗酸化物質)を摂取することで活性酸素の過剰な増加を防ぐことが大切になってきます。具体的にどのようなものを食べればいいのか、またどのような点に注意すればいいのか見てみましょう。

<活性酸素>

体内の細胞を酸化させることで、老化やガン・生活習慣病の原因となるもの。

<抗酸化物質>

私たちの細胞が活性酸素によって酸化するのを防ぐ物質のこと。

活性酸素を除去する「抗酸化物質」を摂ろう

私たちの体を活性酸素から守ってくれる抗酸化物質と、それらが含まれる食品例を具体的に見てみましょう。

1.酵素

体内にもともとありますが、歳をとるとともに減っていってしまいます。

たんぱく質

病気に対する抵抗力をつける上でもとても重要な栄養素。バランス良く摂取したいがカロリーが高いことが多いので注意を。
 例)肉、魚、卵、大豆、チーズ

亜鉛

酸化されやすい細胞を守る働きがある。加工食品に体内から亜鉛を排出したり吸収を阻害する食品添加物を含むものがあるため意識して摂取を。
 例)牡蠣、牛肉、お米

血管壁を強くしたり骨の形成を助けたり、体内の数多くの酵素の正常な働きをサポート。銅が不足すると貧血が起こる原因にもなります。
 例)牡蠣、レバー、大豆

鉄は半分以上が赤血球中のヘモグロビンの成分となり、各細胞へ酸素を運ぶ働きを担う。各細胞はこの酸素補給によりエネルギーが生成される。
 例)レバー、しじみ、ひじき、小松菜

マンガン

主な働きは抗酸化酵素の構成要素の一部となり酸化を防ぐこと。骨の形成を促進することが有名ですが、疲労やイライラを緩和する効果も。
 例)カキ、アサリ、海藻、栗、ごま、たけのこ

セレン

活性酸素を抑制する抗酸化酵素の合成に必要なミネラル。亜鉛と一緒にとるとより効果的です。
 例)いわしやしらす等の魚介類、穀類

2.ビタミン

もともと体内に存在しないので、自ら摂取する必要があります。

β-カロチン

油に溶ける性質のため、油で炒めたりごま和えにすると吸収されやすくなる。
 例)緑黄色野菜、さつまいも、うに

ビタミンC

血液中などの水分の多い場所で強い抗酸化力を持つ。
 例)淡色野菜やレモン、いちごなどの果物

ビタミンE

別名「若返りのビタミン」。酸化されやすい不飽和脂肪酸でできている細胞膜に存在し、その酸化を防ぐ。
 例)うなぎ、アーモンド、かぼちゃ、アボカド、植物油

3.植物栄養素

アントシアニン

抗酸化物質ポリフェノールの一種で、視神経の働きを支えているロドプシンという色素の再合成を促して、疲れ眼を改善し、視力を向上させる効果がある。
 例)赤ワイン、ブルーベリー、黒ごま、黒豆

リコピン

リコピンの抗酸化作用はβ-力□チンの約2倍。そのため、ガンや動脈硬化の予防が非常に期待できる。トマトに最も多く含まれる成分。
 例)トマト、スイカ

アスタキサンチン

極めて強い抗酸化力を持つ物質。その抗酸化力はビタミンEの500倍、β-カロチンと比べても40倍以上あると言われている。
 例)鮭、いくら、エビ、カニ

ルテイン

目に多く存在する抗酸化栄養素で、紫外線によって目の中に発生する活性酸素を中和する働きがある。
 例)ほうれん草、ブロッコリー、かぼちゃ、キャベツ、ケール

カテキン

「茶カテキン」というように、緑茶に多く含まれているのは有名な話。緑茶をよく飲む地域ほどガンによる死亡率が低いというデータも。
 例)緑茶、赤ワイン

ゴマリグナン

体内に吸収された後、活性酸素のうち約70%が存在するとされる肝臓の細胞にまっすぐ届き、抗酸化力を発揮してくれることが特徴。
 例)ごま、ごま油

ケルセチン

ケルセチンを含む食品の摂取量が多いほど、(心疾患の原因になる活性酸素が除去されるため)心疾患の発症率が低くなるというデータがある程効果的。
 例)玉ねぎ、りんご、ほうれん草、パセリ

カカオマスポリフェノール

動脈硬化の予防やピロリ菌の撃退など、様々な健康効果が期待できる。
 例)ココア、チョコレート

イソフラボン

体内でつくられる女性ホルモン(エストロゲン)と似た作用を持ち骨の溶解を抑える働きがある。バストアップにも効果的と言われている。
 例)納豆、豆乳、豆腐、味噌