基礎体温の測り方

「赤ちゃんが欲しいナビ」は、なかなか妊娠できずに悩んでいる方のためのお役立ち情報サイトです。

サイトマップ

基礎体温の測り方
トップ > 基礎体温の測り方

基礎体温について理解を深めた後は、基礎体温の測り方について確認しましょう。正確なデータをとるためにも基礎体温の測り方には注意すべき点がいくつかありますので、約束事を守ってできる限り毎日チェックするようにしましょう。

基礎体温の測り方の基本

基礎体温が「目覚めてから体を動かさない状態で測る体温のこと」というのはすでに説明したとおりです。逆に言うと、「基礎体温を測るには、朝起きてから動いてはいけない」ということになります。

女性の体温は高温期と低温期に分かれていますが、温度差はたった0.5℃程度しかありません。朝起きてちょっと体を動かすだけで体温は微妙に変化してしまいますので、体を動かさずに基礎体温を測ることが非常に大切であることをよく理解していただきたいと思います。

朝起きたらすぐに体温を測れるように、寝る前に枕元に体温計を置いておくといいでしょう。

基礎体温は舌の下で測る

基礎体温は、できる限り毎朝一定の時間で測るようにしましょう。同じ時刻に測定することで、より正確な基礎体温表を作成することができます。

具体的な測り方ですが、基礎体温は体温計を舌の裏に入れて5分間口を軽く閉じた状態で測定します。間違っても舌の上で測らないようにしましょう。舌の上で測ると、約0.05〜0.10℃の差が出てしまいますので注意が必要です。

基礎体温を測る上での注意点

基礎体温は、起きたらすぐに測るのが一番のポイントになります。ここで決して動き回ってはいけません。目が覚めたら枕元にある基礎体温計をとって、すぐに基礎体温を測るように習慣付けるようにしましょう。

ここで、基礎体温測定でやってはいけない5つのポイントを紹介しておきます。

  1. 動き回らない
  2. あくびをしない
  3. 伸びをしない
  4. 寝返りをうたない
  5. 計測中に会話をしない