妊娠の仕組み

「赤ちゃんが欲しいナビ」は、なかなか妊娠できずに悩んでいる方のためのお役立ち情報サイトです。

サイトマップ

妊娠の仕組み
トップ > 妊娠の仕組み

赤ちゃんが欲しいのであれば、まず妊娠の仕組みを知っておくことが大切です。妊娠の仕組みを知ることは、受胎のための仲良しや産み分け、不妊治療といった妊娠に関するすべての事の基本を知ることと言っても過言ではありません。すでに知っている方も、おさらいの意味も含めて再確認しておきましょう。

排卵の仕組み

まずは、妊娠するための重要なポイントとなる「排卵」についてです。

妊娠の前段階である受精が起こるためには、排卵のタイミングで射精される必要があります。

月経周期中に排卵される卵子は通常1個ですが、卵子自体は毎月十数個も成長しています。生理が終わる頃にその中のひとつだけが主席卵胞となり排卵されますが、それ以外は変性して消えていってしまうのです。

主席卵胞は卵胞刺激ホルモンにより排卵に向けて成熟を続け、次の生理が始まる約14日前になると排卵するのに十分に成熟した状態になり、排卵を促すホルモン(黄体形成ホルモン)が急激に分泌され、排卵が起こる仕組みになっています。

受精の仕組み

女性の膣内に射精された精子は、射精後約2時間で子宮・卵管を泳いでいきます。卵子の近くまでこれる精子はわずか数百匹と、厳しい競争を勝ち残ってきた精子だけが受精するチャンスがあります。

卵子は、精子にとっては分厚くて硬い膜(透明帯)に覆われており、この膜を突破するのには精子の先端にあるヒアルロニデースという特別な酵素の働きが必要になります。しかし1匹の精子が持っている酵素の量ではこの透明帯を突き破ることはできません。

何匹もの精子が協力して透明帯にアタックした後、精子が卵子の細胞膜を破って中に入り込むと受精が完了となります。受精すると卵子には膜ができ、他の精子が入ることはできなくなります。

着床の仕組み

受精した卵子(=受精卵)は約28時間で最初の細胞分裂を起こし、その後も細胞分裂を繰り返しながら成長していきます。(細胞分裂を繰り返した受精卵のことを「胚」と呼びます。)

胚は育ちながら卵管内をゆっくりと子宮に向かって進み、5日程で子宮に到達します。さらに細胞分裂を続けて「胚盤胞」と呼ばれる段階にまで成長します。

受精してから7日目に胚盤胞は透明帯から抜け出し、子宮上部の子宮内膜に「着床」するのです。