生理痛の原因

「赤ちゃんが欲しいナビ」は、なかなか妊娠できずに悩んでいる方のためのお役立ち情報サイトです。

サイトマップ

生理痛の原因
トップ > 生理とは > 生理痛の原因
生理痛が起こる原因は人それぞれですし、痛みの度合いも様々です。日頃のストレスの影響によるケースもあれば、不妊の原因となる子宮の病気の影響のケースもあるのです。よく生理痛に悩まされるという方はぜひチェックしてみて下さい。

生理痛は人それぞれ症状が違う

生理の際に生じる痛みを総称して「生理痛」と呼びます。生理痛の代表的な症状は腰痛と下腹部の痛みですが、人によっては頭痛に悩まされる方もいます。痛む時期も人それぞれで、生理の前から痛み始める人もいれば、生理が始まった直後がすごく痛いという人もいます。

痛みの程度もいろいろあり、少し痛む程度という場合や、ひどくなると薬を飲まないと日常生活に支障がでる人もいます。

では、具体的にどういったものが生理痛の原因となるのか確認してみましょう。

生理痛の原因@:心身のストレス

精神的ストレスや緊張などを感じると交感神経が異常に働き、血管や子宮の平滑筋が過度に収縮されるため、子宮への血液の供給不足や酸素不足をもたらすことにより生理痛が起こるのです。

また、過去の経験で生理に対して嫌悪感や不安感を抱いている方においては、生理痛に過敏になっているケースも考えられます。

過去に中絶した経験があると、「人工中絶をしたのが原因で生理痛がひどいのでは?」と悩む人もいます。人工中絶自体は生理痛の原因にはならないので安心して欲しいのですが、そのように自分を精神的に追い込むことによってストレスが発生し、生理痛の原因になっている可能性は大いに考えられます。

生理痛の原因A:生活習慣

夏になると冷たいものを口にすることが多くなると思いますが、過剰に冷たいものを摂ると内臓の冷えが起こり、内臓等の筋肉の収縮力が異常に強くなるため、月経血の流れが悪くなって生理痛が起こります。食べ物に限らす、冷房や薄着で体が冷えて血行が悪くなることで生理痛が起こることもあります。

また、生理痛は不規則な生活、極端なダイエット、運動不足などにも影響を受けます。不規則な生活を改善し、精神的にも肉体的にもリラックスすることで痛みは緩和できます。

生理痛の原因B:ホルモン分泌

生理のときには子宮内膜からホルモンが分泌されます。このホルモンが子宮を収縮させて、不要になった子宮内膜や血液の排出を促す働きをしてくれます。

体質的にホルモンの分泌量が多い方は必要以上に子宮が収縮するため、やはり生理痛を感じるようになります。成人後にもひどい生理痛が続くような場合には、このホルモンの過剰分泌が考えられます。

生理痛の原因C:子宮の病気

子宮筋腫や子宮内膜症などが原因でも生理痛が起こります。子宮筋腫があると出血量が増え、痛みも通常より激しくなります。子宮内膜症は鎮痛剤などが効かない程痛みが激しくなるケースもありますので注意が必要です。

以前の生理と様子が変わってきたと感じた際には、早目に病院で診てもらった方がいいでしょう。