生理不順と妊娠の関係

「赤ちゃんが欲しいナビ」は、なかなか妊娠できずに悩んでいる方のためのお役立ち情報サイトです。

サイトマップ

生理不順と妊娠の関係
トップ > 生理不順 > 生理不順と妊娠の関係

生理不順の方は「もしかしたら、このままじゃ私は妊娠できないの?」と心配されるかもしれません。生理不順が妊娠とどのように関係しているのか、ここでしっかりチェックしておきましょう。

生理不順だと妊娠できない?

結論から言うと、生理不順だから妊娠できないということはありません。

ただ排卵が定期的ではないことから、基礎体温を測ってもリズムが一定せず、いつ排卵が起こるか予測しづらいために、結果的に妊娠のチャンスが少なくなるという結果になっていることが多いようです。

最初にも言いましたが、生理不順でも実際に妊娠できた人はたくさんいます。これは間違いありません。ただ、「妊娠できない」ではなく「妊娠しづらい」というだけですので、生理不順であっても赤ちゃんが絶対にできないということはないのです。

生理不順が妊娠に与える悪い影響

生理不順によって、妊娠しやすい体づくりにどのような影響があるか説明しましょう。

そもそも生理というのは、赤ちゃんを授かるための体の準備として必然的に起こるものです。女性は受精に必要な卵子を育て、受精卵の着床に備えて子宮内膜の環境を整えますが、これらが不要になると、また新しく妊娠に向けた環境づくりをするために生理が起きるのです。

生理不順を放置するということは、受精や赤ちゃんを育てるための子宮内部の環境が最適な状態に保たれないということになりますので、生理不順が不妊症の原因になってしまうことが十分に考えられます。また、生理不順を改善しないままそのままにしておくと、子宮が小さくなるといった妊娠に適さない状態になる場合がありますので十分注意が必要です。

人によっては生理痛がひどいために生理が苦痛になっていることもありますから、生理がこない状態、つまり生理不順の方が楽でいいと思っている女性は意外とたくさんいらっしゃるようです。ですが、先ほど述べたとおり生理がこない状態を長く放っておくと不妊症の原因になってしまいますので、少しでも早く改善するようにしましょう。

極端な生理不順は危険!

極端な生理不順のケースになると、妊娠に向けて次のような障害が考えられますので十分注意が必要です。以下のケースに該当する場合は、一人だけで悩まずに、専門医に診てもらうことで「症状悪化の防止」「治療の必要性の早期確認」が可能になります。

周期が極端に短いケース

排卵が行われていないのに生理が起こる無排卵月経の可能性があります。(排卵をしていないので妊娠ができないということです。)妊娠するために排卵は不可欠ですので、排卵を定期的に起こすための治療が必要になります。

周期が極端に長いケース

このケースでは、生理が来なくなる無月経になる恐れがあります。生理が長期間こないということは、卵巣の機能が低下し、ちゃんと排卵が起こっていない証拠ですのでやはり妊娠できなくなります。