あっさり仲良しのポイント

「赤ちゃんが欲しいナビ」は、なかなか妊娠できずに悩んでいる方のためのお役立ち情報サイトです。

サイトマップ

あっさり仲良しのポイント
トップ > 産み分け(女の子) > あっさり仲良しのポイント

女の子が欲しい場合、仲良しは女性にオーガズムを感じさせることなくとにかくあっさりと済ませることがポイントとなります。なるべく女性に刺激を与えないようにする理由をよく理解しておきましょう。

女性のオーガズムがNGな理由

いよいよ待ちに待った排卵日2日前(Xデー)。Xデーの仲良しは、とにかく「あっさりと」終わらせることが大切。つまり女性がオーガズムを感じる前に男性が射精する必要があります。

それは女性がオーガズムを感じてしまうと、子宮頚管からアルカリ性の粘液が分泌されてしまい、膣内の酸性度が弱くなってしまうからなんです。

X精子(女の子)は酸性に強いので、膣内をできるだけ酸性に保っておきたいわけです。酸性が弱くなってしまうと、アルカリ性に強いY精子(男の子)が元気になってしまい、女の子を産み分けるにはいい環境とは言えなくなってしまうのです。

オーガズムを感じないようにするために

男性であれば、女性が興奮するようなことは極力避けるべきです。前戯なんかもいけません。女性であれば、仲良しの最中でも違うことを考える等、できるだけ感じないようにする努力が必要になってきます。

ただし、「感じる・感じない」は個人差があり、必ずしも上手くいかない場合も想定されますよね。そういった方であれば、後ほど説明する「ピンクゼリー」を使ってみるのもいいかもしれません。

「あっさり仲良し」をあまりにも意識しすぎると・・・

あまりにも産み分けにこだわりすぎて、女性が感じないようにすることだけに集中してしまうと、男性が仲良しに対する意欲を失ってしまい、射精できなくなる可能性も十分に考えられます。

こういう場合は、男性器を挿入する前にできるだけ射精しやすい状態にもっていくように女性が手助けしてあげるといいと思います。

こういったところでも夫婦間の協力が必要になってきます。お互いがお互いを気遣い、協力しあうことが大切であることを再認識しましょう。