産み分け(女の子)

「赤ちゃんが欲しいナビ」は、なかなか妊娠できずに悩んでいる方のためのお役立ち情報サイトです。

サイトマップ

産み分け(女の子)
トップ > 産み分け(女の子)

男の子の産み分け同様、ここでは女の子を産み分けるための具体的なテクニックについて紹介します。男の子の産み分けよりも難しいとよく言われるようですが、しっかり手順を確認して頭の中でイメージし、夫婦で協力して取り組んでみましょう。

200人以上が成功した産み分け方法!?

どうしても女の子が欲しい方におすすめなのが、「鈴木院長の産み分けメソッド」という、産み分けのバイブル的なマニュアルです。

私は見事?女の子を妊娠したのでこのマニュアルのお世話にはなっていないのですが、実際に女の子を妊娠できたという報告が多数上がっていることから、「絶対に女の子が欲しい!」という方は試す価値がある一冊だと思います。

「鈴木院長の産み分けメソッド」

産み分け(女の子)のステップ

まず最初に、女の子の産み分けに必要な取り組みをステップ毎に簡単に説明していきます。ここで一連の流れを把握して、具体的に自分が取り組んでいるところをイメージしてみましょう。

排卵日2日前を知るためには

ここでは、排卵検査薬を使って排卵日の2日前を知るための取り組みを紹介します。排卵日の特定は専門医でも難しいとされますが、産み分けグッズを上手く活用して女の子を産み分けるために役立ててみて下さい。

なるべくオーガズムを感じない「あっさり」仲良しがポイント

女の子が欲しい場合、仲良しは女性にオーガズムを感じさせることなくとにかくあっさりと済ませることがポイントとなります。なるべく女性に刺激を与えないようにする理由をよく理解しておきましょう。

あっさり仲良しのためのおすすめ体位

女の子を産み分けるためにはあっさり仲良しをすることが大事なのはすでに説明したとおりですが、実は膣内の射精位置にも関係があります。その理由と女の子の産み分けにおすすめの体位を見てみましょう。

「ピンクゼリー」を使えばより効果的な産み分けが可能

ピンクゼリーを使うことによって、膣内がX精子(女の子)に有利な環境を作り出すことができます。ピンクゼリーを使えば100%産み分けできるというものではありませんが、少しでも成功率をあげたい方は使用を検討してみましょう。

受胎仲良し後、1週間は必ず避妊を

何ヶ月も前から準備し、ようやく女の子を授かるための仲良しを終えたからといって、受精が確実になるまでは気を抜かないようにしましょう。万が一受精していない可能性がある限り、1週間程度は仲良しを控えることをおすすめします。