ピンクゼリーの使い方

「赤ちゃんが欲しいナビ」は、なかなか妊娠できずに悩んでいる方のためのお役立ち情報サイトです。

サイトマップ

ピンクゼリーの使い方
トップ > 産み分け(女の子) > ピンクゼリーの使い方

ピンクゼリーを使うことによって、膣内がX精子(女の子)に有利な環境を作り出すことができます。ピンクゼリーを使えば100%産み分けできるというものではありませんが、少しでも成功率をあげたい方は使用を検討してみましょう。

ピンクゼリーとは?

ピンクゼリーとは、X精子(女の子)が有利な状況になるように、人為的に膣内を酸性に保つようにするために開発されたゼリーです。

Y精子(男の子)が酸性に弱く、X精子(女の子)が酸性に強いという特徴に目をつけたというわけですね。

ピンクゼリーは安全?

人体に含まれている成分だけを使用した物質をゼラチンに溶かして作られており、当然人体には無害です。これまでピンクゼリーを使って生まれた赤ちゃんで、問題があったという報告は一度もありませんので安心です。

「それでも、やっぱり心配なんだけど・・・」

そのように思われる気持ちはよく分かります。それは、このような記事が出回っているからです。

参照:ピンクゼリーの障害リスクに注意!

このような記事を読むと「やっぱりピンクゼリーを使うことで障害リスクがあるのでは?」と心配される方もいらっしゃるかと思います。ですが、繰り返しにはなりますが、ピンクゼリーを使って問題があったという報告は一度もありませんので、安心して使用いただけます。

ピンクゼリーの使い方

ピンクゼリーの使い方はグリーンゼリーと一緒で、夫婦で協力して使うことが必要です。夫婦でしっかり協力しあって、正しい使い方をマスターしましょう。

手順1

やや熱めのお湯(約50℃)をコップに注ぎ、その中に3分程つけて柔らかくします。

手順2

柔らかくなってきたらフタを開けて、注射器で3〜5ml吸い上げます。
(容器を持つ役と注射器で吸い上げる役を分担すると上手くいきます。)

手順3

ゼリーが外に出ないよう女性は腰の下に枕等を置き、腰を高くしておきます。

手順4

注射器を膣内の奥深くに静かに差し込み、ゼリーを注入します。

手順5

女性は両脚をしっかり閉じ、5分間待ちます。

手順6

5分たったら仲良しを開始します。
(このときゼリーがこぼれないように注意しましょう。)

ピンクゼリーの保存方法

残ったゼリーは、直射日光が当たらないところ(常温)で保存します。注射器も水で洗っておけば大丈夫です。上手く妊娠できなかった時に備えて、しっかり保存しておきましょう。(開封後、約2年保存できます。)