産み分け(女の子)のステップ

「赤ちゃんが欲しいナビ」は、なかなか妊娠できずに悩んでいる方のためのお役立ち情報サイトです。

サイトマップ

産み分け(女の子)のステップ
トップ > 産み分け(女の子) > 産み分け(女の子)のステップ

まず最初に、女の子の産み分けに必要な取り組みをステップ毎に簡単に説明します。ここで一連の流れを把握して、具体的に自分が取り組んでいるところをイメージしてみましょう。

ステップ1:基礎体温で排卵日を特定する

産み分けに限らず妊娠するための基本中の基本ですが、毎日基礎体温を測ることで自分の排卵日・生理周期をはっきりと知っておくことが必要です。ちゃんとグラフを書いておくとパターンがよく分かります。

またコンドームによる避妊をしておくことを忘れないようにしましょう。(ピルを使用していた場合は、3か月間待つ必要がでてきますので注意が必要です。)

ステップ2:Xデーまでに2度程仲良しする

自分の基礎体温グラフを見て、次の排卵予定日をチェックして下さい。排卵予定日の2日前が、受胎のための仲良し日(Xデー)となります。

Xデーの前に、2回程仲良しをしておきましょう。これは、精液の濃度を調整する(薄める)ためです。ただし毎日のようにしてしまうと逆に薄くなりすぎてしまいますので、2回を目安に行うといいでしょう。(もちろん避妊することを忘れないで下さい。)

ステップ3:Xデーの仲良しはあっさりと

排卵日の2日前(Xデー)は、いよいよ受胎のための仲良しをする日です。この日のために何ヶ月も前から基礎体温を測ったりいろいろなことに気をかけたりと、苦労も多かったでしょうがいよいよ報われる日がやってきたというわけです。

Xデーの仲良しは、とにかく「あっさりと」終わらせることが大切。もちろん女の子を産み分けるために科学的に根拠があることですので、その理由をしっかり把握しておきましょう。

女の子の産み分けには「ピンクゼリー」を使うのもひとつの手です。病院で処方してもらえますので、少しでも成功率をあげたい方には強い味方となってくれるでしょう。

射精をする位置も産み分けに関わってきます。そのために、あっさり仲良し向きの体位というのがありますので、参考にしてみて下さい。

ステップ4:受胎仲良し後、1週間は避妊する

Xデーの仲良しが終わると、長かった苦労も報われたということで思わず気が緩みがちになりますが、まだ絶対に受精したとは限りません。できれば仲良しを控えることが望ましいですが、どうしてもという場合は必ずコンドームによる避妊を行いましょう。