排卵日当日のチェック方法

「赤ちゃんが欲しいナビ」は、なかなか妊娠できずに悩んでいる方のためのお役立ち情報サイトです。

サイトマップ

排卵日当日のチェック方法
トップ > 産み分け(男の子) > 排卵日当日のチェック方法

ここでは、排卵検査薬を使って排卵日を知るための取り組みを紹介します。排卵日の特定は専門医でも難しいとされますが、産み分けグッズを上手く活用して男の子を産み分けるために役立ててみて下さい。

排卵検査薬とは?

排卵検査薬とは、排卵前に分泌量が急激に増加する「ヒト黄体形成ホルモン」の尿中濃度の変化に反応するもので、排卵するのは強い陽性反応が出てから16〜24時間後といわれています。

使い方はいたって簡単で、検査スティックの採尿部に尿を数秒かけて、陽性反応があるかないかを調べるというものです。

排卵検査薬はドラッグストアなどで市販されており、1週間分が3,000円程度で購入できます。排卵の可能性がある時期に検査薬を使えば、より予測を確実なものに近づけることができます。自宅でも簡単に使えますので、ぜひ試してみてください。

排卵日を特定することは可能?

男の子産み分けには排卵日当日の仲良しが重要ですが、「これなら絶対に排卵日を特定できる!」という方法は残念ながらありません。排卵日を特定するのは難しいというのは一般人に限らず専門医でも同じことなのです。

ただしあきらめないでいただきたいのは、自分の排卵の周期をしっかり把握することで、ある程度の確率で予測することはできるということです。

こればかりは時間をかける必要がありますが、基礎体温を(少なくとも2ヶ月は)毎日付け、排卵検査薬を使用することで排卵がくる周期をつかむことができれば自然と分かってくるでしょう。病院で検査を受けることももちろん有効です。

望みどおりの結果が得られるよう、焦らずじっくり取り組んで下さい。