仲良しを控える理由

「赤ちゃんが欲しいナビ」は、なかなか妊娠できずに悩んでいる方のためのお役立ち情報サイトです。

サイトマップ

仲良しを控える理由
トップ > 産み分け(男の子) > 仲良しを控える理由

Y精子(男の子)は酸性に弱く、寿命も短めです。1週間程仲良しを控えることで、元気なY精子(男の子)を射精する準備をしておくことが大切です。少しでもY精子に有利な状況をつくっておきましょう。

射精時の精子の量を増やしておく

Y精子(男の子)は酸性に弱い一方、アルカリ性の環境ではX精子(女の子)よりも活発に動くことができます。ですので、できるだけ女性の膣内をアルカリ性の環境にすることがポイントとなります。

それは、通常女性の膣は細菌から守るために酸性に保たれているため、酸性に強いX精子(女の子)が有利で、酸性に弱いY精子(男の子)が不利な環境となっているためです。

よって、精子の数を増やしておくことで、Y精子(男の子)が少しでも多く膣内を通過できるようにしておくことが重要です。

排卵日当日に向けてできる限り仲良しを控える

男の子の産み分けでは、排卵日当日に受胎のための仲良しをするのが鉄則です。

それは、排卵日になると女性器がアルカリ性になり、Y精子(男の子)に有利な環境となるからです。そこで先ほどふれたように、できるだけ仲良しを控えて精子を濃くしておくことで元気なY精子(男の子)を射精できれば、当然男の子が生まれる可能性が高くなるというわけです。

では、どのくらい仲良しを控えておけばよいかという話ですが、理想は女性の生理が始まってから排卵日当日までずっと我慢しておくことです。ただしそれはさすがにキツイという方もいらっしゃるでしょう。

さらに男の子の産み分けには「濃厚な」仲良しが大切になってきますので、(女の子の産み分けのポイントとなる)「あっさり」仲良しになってしまっては元も子もなくなってしまいます。

大体ですが、1週間前から禁欲すれば十分に濃い目の精子を射精する準備ができるでしょうから、これを目安にがんばってみて下さい。