深い挿入がしやすい体位

「赤ちゃんが欲しいナビ」は、なかなか妊娠できずに悩んでいる方のためのお役立ち情報サイトです。

サイトマップ

深い挿入がしやすい体位
トップ > 産み分け(男の子) > 深い挿入がしやすい体位

仲良しは産み分けのメインイベントです。その仲良しでは射精位置が産み分けに深く関係します。その理由と男の子の産み分けにおすすめの体位を見てみましょう。

できるだけ膣の深い位置で射精する

射精をする際は、できるだけ膣の深い位置ですると良いとよく言われます。これは、酸性に弱いY精子(男の子)のために、酸性である膣を泳ぐ距離を短くし膣を通過しやすくするためです。

精子が子宮に到達するまでに酸性の強い膣をあまり泳がせないことで、酸性に弱いY精子(男の子)でも結果的に子宮にたくさん到達させることができるというわけです。

男の子産み分け(濃厚な仲良し)に有効な体位

濃厚仲良し向きの体位とは、つまり男性器を深く挿入できる体位ということになります。その代表的な例として、以下の2つが挙げられます。

屈曲位(くっきょくい)

男性が上、女性が下になり、女性は両脚を曲げて男性が挿入する体位で、正常位のひとつです。結合部に男性の体重がかかるため、男性器を膣の奥深くまで挿入することができます。

後背位(こうはいい)

いわゆる「バック」と呼ばれる体位です。女性が四つん這いになり、男性は膝をついて女性の腰をひきつけるように後ろから挿入します。

仲良しが終わったら、みんなどうしてるの?

「受胎のための仲良しが終わったら、みんなどうしてるんだろう?」赤ちゃんが欲しいと思っている方なら、誰でも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

いろいろ言われているようですが、やはり射精後はすぐに離れてしまわずに一時挿入した状態のままにしておくのがいいようです。

さらに離れてしまった後は、すぐにお風呂に入ったりせずに、両脚をしっかり閉じたまま数時間仮眠をとると効果的です。腰に枕を入れて少し腰を高くしておくとベターです。

逆立ちしたり、腰をあげて両脚を壁に高くたてかけるようにしてる人もいるみたいですが、疲れやすく長時間持たないのであまりおすすめはできません。すぐに動くと精子が出てきてしまうこともありますから、なるべくすぐに動かないこともポイントです。