産み分けの仕組み

「赤ちゃんが欲しいナビ」は、なかなか妊娠できずに悩んでいる方のためのお役立ち情報サイトです。

サイトマップ

産み分けの仕組み
トップ > 産み分けの仕組み

産み分けを実現するために、まずは仕組みをしっかり理解しておきましょう。なぜ産み分けが可能なのかを理解するとともに、具体的に男の子・女の子の産み分けに入る前の知識を整理しておきましょう。

男の子か女の子かは2種類の精子によって決まる

男性の精子には「X精子」と「Y精子」という2種類があり、この2種類の精子のどちらが卵子と受精するかによって性別が決まることになります。

X精子

女の子が産まれます。酸性に強く、寿命は約3日。

Y精子

男の子が産まれます。アルカリ性に強く、寿命は約1日。

このように、X精子が受精したら女の子、Y精子が受精したら男の子が生まれてきます。つまり、性別は受精した瞬間に決まっているということが言えます。

酸性に強いX精子、アルカリ性に強いY精子

精子は基本的に、酸性の中では動きが鈍くなり、アルカリ性の中では動きが活発になります。X精子(女の子)は比較的酸性に強い傾向があり、逆にアルカリ性の中ではY精子(男の子)の方が活発に動きます。

子宮や子宮頚管はアルカリ性<で、膣内は酸性です。排卵日直前になると子宮頚管からアルカリ性の粘液が排出されて膣内の酸性度が弱まるため、Y精子(男の子)に有利な状態となります。

このような性質を利用して、例えば男の子を産み分けたい場合は排卵日当日に仲良しをするという方法をとるわけです。

また女性が仲良し中にオーガズムを感じれば、子宮頚管からさらにアルカリ性の粘液が排出されるので、さらに酸性度を弱めることができます。

寿命が長いX精子、寿命が短いY精子

X精子(女の子)は寿命が3日と長く、それに対してY精子(男の子)は寿命が1日しかありません。この性質を利用すれば、排卵日の2日前にセックスをすれば排卵が起こったときにはX精子(女の子)しか残っていないことになりますから、女の子の産み分けに活用できることになります。

簡単ですが、産み分けの仕組みのイメージはできましたでしょうか。